2013年9月18日水曜日

とらやの羊羹と和菓子

和菓子にはもっと可能性があると思う。いつもいつも新作がでるたびに、うう。また、先を越されたと思ってしまう。とらやの羊羹デザインはとっても素敵。和菓子というものがすごく大きな可能性を含んでいるのに、お店は潰れていく一方。
道具はあっても作る人がいなくなってしまう。悲しいことだ。
しかし一方で、とても売れている店だってある。これからは少子高齢化だし、歳をとったら和菓子に目覚める事もあるかもしれない。私の周りには着物を愛したり、お茶を愛する人が多いけど、やっぱり世の中ではマイナーになってしまっている。
「日本の和が好き」といいながらそのイコールの先はぼんやりしているのが実際である。
いつの日か和菓子のデザインをするのが夢である。