2014年6月6日金曜日

Michihiko Yanai - 箭内 道彦さん

箭内 道彦さん
「世界中の人が仕合せになるまで、仕事が終わらなくなる。
昨年、2011年は自分がそこのモードに入った年だったなと思います。」

「考えてみれば、誰しもいつ自分が災害に遭うかわからない訳で、
お互い様だって思うんですよね、ありがた迷惑っぽく、だけど可愛らしく、思いやりを持ってやり続けるしかないですよね。」
●━━━━━━━━●

どうして私はフクシマが身近じゃないのだろう。
どうして世の中はフクシマとよび、ヒロシマと呼ぶのだろう。
それは別の場所にしてしまおうという魔法なのかな

何故、私は行動を起こさないんだろう。
こうやって資本主義の豚みたいなことをしてブヒブビないているんだろう。

自分の声を聞き忘れていたんだ。
私はだまされないように、足下救われないようにって、なんだかやけに警戒ばかりしていた。
きっとせかいはもっとやさしいものだ。